建具の種類
建築物の開口部に設けられる、開け閉めできる機能を持つ仕切りを建具といいます。おもに壁の開口部に取り付けられて、扉や窓として用いられることが多いかと思います。その用途としては、出入口・通風口・採光・遮音・防犯など多岐にわたります。それぞれにさまざまなタイプの建具が使われています。

おもな建具の種類としては、戸や扉。木製の和風建具として、板戸、格子戸、障子、戸障子、襖(ふすま)、雨戸、欄間などがあり、洋風建具としては、フラッシュ戸、ガラス戸、ガラス障子、網戸、シャッターがあります。

歴史的に、建具師としてもっとも古い記録としては、建具師の四代記を記した鈴志野勤の「細工師」にあります。天保10年に江戸本郷春木町の初代足立屋倉吉が、江戸城改築の建具を一手に引き受けた際に御用建具師と名乗ることを許された。というものです。
上野谷中にあった天王寺の五重塔の棟札に細工棟梁とあるのを知って鈴志野は、当時の細工師が建具専門業者でなかったかと推測しました。また、江戸時代には大工のなかに造作専門の者がおり、建具はそれらの専門の大工が建築現場で作っていましたが、文化・文政時代から建具製造が専門化して細工師となり、天保時代になって建具師となったとも考えられると記されています。





畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る