三大表具
表具は別名表装とも呼ばれています。経や書画を鑑賞、保存するために裂地や紙を貼って裏打ちする技術のことで、掛け軸・襖・額・屏風・巻物などに仕立てることをいいます。表具は各地域によってそれぞれの特徴があります。その中で有名なものが「三大表具」と呼ばれています。地域としては、表具の発祥の地である京都の「京表具」、東京(江戸)の「江戸表具」、金沢の「金沢表具」です。


<京表具>
特徴としては、公家好みの雅であること。ふるくから芸術・文化の中心地であった京都は、表具の面でも中心地でした。

<江戸表具>
江戸表具の特徴は、この土地の気質からもイメージするようにおおらかで力強さ、また、小粋な色や模様が使われています。京都の表具とはまた違った魅力があります


<金沢表具>
京表具の流れを受け継ぐ金沢表具は、百万国文化を反映して重厚で渋い仕上げになっているものが多く、その寸法は京表具の寸法より短めに作られています。これは金沢の町屋などに合わせたためと考えられています。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る