表具師とは
表具師とは、掛け軸や額を作ったり、襖〔ふすま〕や屏風〔びょうぶ〕を仕立てたりする職人の事です。仏教の伝来とともに日本に伝わり、仏教と深い関わりがあります。特に昔から寺社の多い京都で発展しました。
表具師とは、和紙を糊で何枚も貼り合わせて加湿と乾燥を繰り返して物を作り上げていく仕事です。その仕事内容は多岐にわたっています。まず、傷んだ掛け軸や屏風、額などを修復して、あらたに鑑賞・保存できるように表装をする仕事があります。次に、書いた書や日本画を預かって、掛け軸や額、屏風などに仕上げること。そして、襖や障子・屏風などの建具関係の新調や修理、張り替えの仕事も行います。
どの作業も経験と特殊なスキルが必要となってきます。そして貴重な美術品を扱う事もあるため、常に細心の注意が必要となりますし、美術に関する知識や材料、形式、配色の考案に際しての感覚も不可欠です。

<奈良・平安時代>
表具師という職業が日本の歴史に登場するようになったのは、奈良・平安時代のことです。特に貴族、寺社、武家、町衆それぞれの日本文化の発信地であった京都を中心に発達したと考えられています。主に仏教の布教に使われた経本を巻物にしたり、礼拝用の仏を描いた仏像画などを作る仕事をしてたようです。

<鎌倉時代・室町時代>
その後、鎌倉時代から室町時代にかけて、日本独自の室内様式である「床の間」文化の完成により、床の間に飾る装飾品として掛け軸が広まりました。当時の掛け軸は禅宗に関わる書画(文字と絵)の物が多かったようです。これと同時期に屏風や襖、障子の様式も確立し、江戸時代に入ると表具師の仕事は掛軸の製作、屏風や襖、障子の仕立てを中心としたものとなりました。

<明治以降>
明治以降、日本画文化の発展により表具師の仕事は美術襖や美術屏風などに幅を広げていきました。現代では、居住空間の洋式化に伴い、床の間のないマンションが増加しています。そのため、表具は床の間だけではなく、壁面を飾るものとして発展しつつあります。このように表具師の仕事は、古くから日本人の生活文化に根付いた伝統的な仕事として今日まで受け継がれています。特に京表具の技術は非常に高い水準を誇っています。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る