「みずみずしい稲穂が豊かに実る国」という意味を持つ、「瑞穂(みずほ)の国」と呼ばれる日本。農耕民族だった日本人の祖先が 快適な住まいを作るために生活の知恵を発揮し、身近にあった稲わらなどを利用してきたことは想像に難くありません。
発掘調査によると、既に縄文時代から住居に稲わらを敷き詰めていた形跡が発見されているそうです。


古事記にも登場している「畳」
古事記の中に既に、菅畳、皮畳という記述があります。また、 日本書紀には「八重席薦(やえむしろこも)」の記載があります。
たたみという言葉は、こもとか絹とか萱を「たたむ」というところから生まれました。 当初は今のような厚みのある畳ではなく、 貴族は何枚も重ねて敷いていたようです。


奈良・平安時代、「畳」は権力のシンボル
貴族は畳、庶民は「むしろ」「こも」が一般化しました。 工匠としての畳技術者が出現したのも、奈良・平安のころのようです。
畳はその後、寝殿造とともに普及し、最初は板敷きの間に座具・寝具などとして所々に配置されていました。 さらに身分や年齢な ど、人間関係を象徴するものとして、畳がその象徴に使われるようになりました。
平安時代の法令集「延喜式(えんぎしき)」によりますと、身分によって畳の中身の薦こもの枚数が決められていたそうです。 重 要人物かどうかは、畳の布ふち、へりを見れば一目瞭然。色や模様も身分によって決まっていました。
ちなみに、現在の畳のモデルは、東大寺の正倉院にある、奈良時代の聖武天皇、光明皇后の使用した「御床畳」だと言われています。当時であれば、とても一般庶民が使えるものではありません。


文化・風土が育てる建築様式
階級の上下を明確に表す西洋文化では、家も2階、3階と上へと上がっていきます。一方日本の家屋は、水平つまり横に広がって いきます。 平面的な広がりの中で、細やかな造作やしかけで身分や敬意を表し、また、公共やプライベートを分けているのです。
湿気の多い風土を反影し、なるべくどの部屋にも自然の光が入るよう、中庭を造ったり、箱庭を造ったりしています。 平屋なのも、 台風に強いようにという、日本の風土にあった工夫なのです。畳ももちろん、こうした側面を強く持っています。例えば、河川の 氾濫の際に緊急に洪水を防ぐものとして活用出来たり、戦いの際には防弾用としても使われていたという多くの記述が残されています。


「廻り畳」と「敷き詰め畳」
鎌倉時代までは、住まいの中ではいつも座る場所が決まっていたため、畳はそこだけに敷かれていました。 これが「廻り敷」といわれるものです。全部敷き詰めてしまうと畳の表しか見えなくなりますが、この敷き方だと畳の廻り、つまり横の部分も見えるので廻りにも綺麗に装飾が成されていました。
始めは接待用の座具や寝具としてその都度持ち運ばれて使われていた畳ですが、鎌倉時代の終わり頃になると一部の貴族の邸宅では、 部屋全体に畳が敷き詰められるようになりました。それまで家具であった畳が、徐々に建物の床材の一部となり始めたことを表しています。
室町時代の後期以降、家屋建築では小部屋割りが進み、畳の敷き詰めは定着していきます。この時代の特徴的な建築が書院造です。 実は、畳に座る人の身分を示す畳の縁の文様の規定は、平安時代よりさらに厳密に定められていたようです。
安土桃山時代以降、茶道の隆盛で畳の様式化・定法化が進みました。 また、城郭や城下町の整備などが進み、各都市に畳屋町が作られました。また畳縁は、単に畳の角が折れないよう保護するためのものというだけでなく、奈良・平安から続く伝統を引き継ぎ、 茶道においては貴人畳、客畳、点前畳、踏込み畳など、一畳一畳使い分けをするほどとなっていました。
江戸時代には書院造に茶室の技法を取り入れた数寄屋造りの普及により、寸法の基準としての役割を畳が担うようになりました。元禄時代、徳川幕府には畳奉行という役職が存在していたことも明らかとなっています。
さらに時代が進み、江戸時代末期には、商家など庶民の家でも畳の敷き詰めが普及。需要が大幅に高まったことで、各藩の特産物として畳床が登場するまでになりました。


現代、そして未来へ
一般の民家で、間取り構成上、床の間付き6 畳や8 畳間の座敷造作が一般化し始めました。 また一方で、畳の上に椅子などが持ち込まれるなど、西洋文化との融合が、文明開化の影響によって明治時代から始まりました。産業革命により、人口の都市集中が始まり住宅の需要が増して、畳も大衆化されます。 文化住宅化、和洋折衷住宅などが一般化していきました。
昭和の半ば以降は住宅建設ラッシュ、団地やニュータウンの登場、中高層マンション時代の到来などで、畳の需要は高まりました。
その需要に合わせて、畳縫着機などの開発や畳技能士などの資格付けなどが始まったのもこの頃です。
平成に入り、超高層マンションなど、和室の少ない間取り構成の住戸が増える一方で、環境や健康の点からも「畳の良さ見直し」が盛んになっています。畳は今、住む人の観点からも、造る人の観点からも、新たな時代を迎えています。



















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



サイトマップ
>TOP  >充実のサービス  >メールフォームによるお問合せ 
>商品のご紹介
 >畳《裏返し》
 >畳《表替え》
 >畳《新調》
 >襖表替え
 >障子張替え
 >網戸張替え
 >リフォーム
>対応エリア
 >愛知県
 >岐阜県
 >三重県
 >静岡県
 >神奈川県
 >東京都
 >埼玉県
 >千葉県
 >茨城県
 >栃木県
 >群馬県
 >山梨県
>お客様の声
 >畳新調(お客様の声)
 >畳表替え(お客様の声)
 >畳裏返し(お客様の声)
 >襖表替え(お客様の声)
 >障子張替え(お客様の声)
 >網戸張替え(お客様の声)

>営業所紹介
 >名古屋営業所
 >三島営業所
 >厚木支店
 >千葉支店
 >埼玉支店
>会社案内
 >担当スタッフご紹介
 >よくある質問Q&A
 >会社概要
 >プライバシーポリシー

>企業様向け情報
 >アパートの大家様
 >工務店、企業の皆様
 >旅館・ホテルの皆様
 >棺敷畳(やすらぎ)
信頼と実績のお店 まごころ畳
 まごころ畳[本社]
 〒440-0026 愛知県豊橋市多米西町1 丁目18-11
 TEL:0532-69-2851(代)
 まごころ畳[本社工場]
 〒440-0026 愛知県豊橋市多米西町3 丁目1-15
 TEL:0532-69-2321(代)
 まごころ畳[名古屋営業所]
 〒452-0943 愛知県清須市新清洲2 丁目5-1-101
 TEL:052-401-2220(代)

 まごころ畳[三島営業所]
 〒411−0824 静岡県三島市長伏50-3
 TEL:055-984-3200(代)
 まごころ畳[厚木支店]
 〒243-0807 神奈川県厚木市金田90-1
 TEL:046-296-5100(代)
 まごころ畳[厚木第二工場]
 〒243-0801 神奈川県厚木市上依知1429
 TEL:046-245-6195(代)

 まごころ畳[千葉支店]
 〒260-0001 千葉県千葉市中央区都町2丁目12-5
 TEL:043-214-3400(代)
 まごころ畳[埼玉支店]
 〒339-0078 埼玉県さいたま市岩槻区掛570-1
 TEL:048-812-7692(代)
 まごころ畳[埼玉第二工場]
 〒339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野4丁目1-8

Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る