直射日光を和らげる
障子は、部屋同士や屋内と屋外を仕切る建具で、木製の枠に薄い和紙を貼って作られています。襖と供に、平安時代から現在まで日本の住宅に使われています。発明当時の平安時代、外からの視線を遮ったまま採光ができる障子の発明はとても画期的なことでした。これは、障子紙(和紙)の持つ、直射日光を遮りつつ光を拡散させる特性を活かしたものです。
半透明の和紙を貼った障子は、直射日光を適度にさえぎり半分程度を透過させます。見た目には日の光の感じを残しながら、直射日光を遮るという優れた特性です。障子に差し込んだ光は、各方面に拡散して部屋全体を均等に明るくします。窓際だけ明るくまぶしく、奥は薄暗いという強い明暗の差をなくします。やわらかな光で部屋全体を包み、照明の均質度を高めます。この他にも、障子紙には吸湿性や換気能力もあります。湿度が高い日本の気候に適した機能です。さらに断熱性も高く、ガラス戸と併用することで冷暖房効果を高められます。


夏涼しく、冬暖かい
断熱効果への関心が高待まっている現代住宅ですが、どんなに断熱のよい住居でも、一重ガラス窓の場合約40%の熱がガラス窓から失われてしまいます。窓による断熱効果の低下を避けるために、住宅の窓は小さくする傾向にあります。しかし、障子を利用して、ガラス戸と障子の二重建具にすることで、熱損失は約20%になります。半分近くも減少することができるのです。
また、障子には、直射日光をさえぎる機能があり、ガラスより約1/2日射熱を減少させることができます。夏の冷房時、日射によって冷房効果が低減するのを防ぐ効果があります。


温かみある自然素材
木と紙は共に自然を取り入れた素材で、温かみがあります。自然の素材が人に与える安らぎは計り知れません。長い間、木造建築に暮らしてきた日本人にとって、木と紙は最も適した建築素材ではないでしょうか。


柔らかな照明効率を上げる効果
ただただ反射するというのではなく、50 〜 60%反射率ですので、眩しくはありません。また、白いクロス地の反射の様にべっとりと広がるような違和感のある反射ではありません。組子と呼ばれる細い木製の桟が障子の仕切りがありますので、自然の風合いを感じさせてくれます。


健康を守る空調効果
冬、こたつで暖まりながら、急に背中がぞくっとしたことはないでしょうか?これは、窓やコンクリートの壁で冷やされた空気が床に沿って流れてくる「コールドドラフト(冷たい空気の流れ)」という現象です。この現象が起きないようにするために、障子が役立ちます。室内の空気が直接ガラス面にふれないよう、ガラスと障子の二重建具にすればいいのです。これだけのことで、コールドドラフトを軽減し、寒い日をより快適に過ごすことができます。
また、障子紙の多孔性というフィルター効果の高い特質も注目されています。住宅の機密性が高まったことで返って、ここ10年間に幼児アトピーが倍増しています。障子を利用すれば、通気性がよくなり、自然な形で換気と清浄化が行われます。また、身体に有害なホルムアルデヒドや空気中のホコリ・ニコチンなども、障子は吸収します。さらに、障子には吸湿性もあるため室内に湿気がこもるのを防ぎます。湿度の高い日本の住宅には最適な建具と言えるでしょう。これらの特長を効果的 に保つには、1年に1回の障子紙の張り替えが効果的です。


結露から家を守る
暖房を効かせた部屋で問題になるのが結露です。主に窓に触れた空気がガラスの冷たさで水滴となります。この対策にも内障子が
有効です。ガラスの内側に障子を付ける事で、空気が直接ガラス面に触れるのを防ぎ、室内の空気がガラスに触れて結露するのを
防ぎます。結露を防ぐ事で、部屋の湿度の低下を防ぐこともでき、ウイルスや細菌の蔓延を防ぐ効果も期待できます。













畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る