国産品では赤杉や備州ひのきなどが有名で高級品です。地域によっても、よく使用される障子骨の材は異なります。ただ、松材は松ヤニが出るためあまり使用されません。現在最も多く使用されているのは主に北米から輸入されるスプルースという材です。安価で加工性が良いためによく用いられます。


赤杉
国産材で、赤みをおびた心材の柾目杉。 杉独特の柔らかさと上品な木目が特徴です。最高級の材として長年使用されています。


備州ヒノキ
国産材で、緻密で均質な良材です。材の産地によって性質が異なる特性があります。安定した人気がある素材です。座敷の障子には伝統的にヒノキが使用されることが多いです。


米檜(べいひ)
輸入材で心材は黄褐色または桃褐色で、木目は細かく、日本のヒノキに比べて色が濃いです。耐久性が高く、加工もしやすく、狂いが少ない良材です。乾燥すると安定性がよく、製品の仕上がりも良好です。ヒノキと材質がよく似ているため、代替品として良く用いられます。


米杉(べいすぎ)
輸入材です。ネズコ(ヒノキ科)と同種で、杉ではありません。杉に色目が似ていることから「米杉」と呼ばれます。木目は密で通直、軽軟で加工性は良いですが、表面の仕上がりは中程度です。アレルギー症状が出ることもあります。


スプルース
輸入材で木目は通直、木肌は密で軽軟なため加工性が良いです。早材が軟らかい反面、繊維は強いため、建具を繊維方向に強く搾ると表面が剥げることがあります。色焼けしやすいのも難点です。










>障子の掃除のコツ




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る