「ふすま」の漢字表記は一般に「襖」とされていますが、襖の業界では永く「采」が使われてきました。
襖は日本生まれの建具で、襖の文字自体も平安時代にわが国で生まれたいわゆる国字(日本で作られた漢字)だと考えられています。
「襖」の語源は平安時代に寝具を意味した衾(ふすま)に由来し、寝所である「衾所(ふすまどころ)」の仕切りとして用いられた事からその名で呼ばれるようになったようです。襖は俗に唐紙(からかみ)とも呼ばれますが、これは中国から渡来した唐紙を上張りした仕切り用の建具を唐紙障子と呼んでいたものが、縮めて呼ばれるようになったからです。室町時代になると、無地の布や、紙を貼ったものは襖、紋や柄があるものを唐紙と区別して読んでいたようです。構造的には現在で言う障子(明障子)と襖とは大した相違はありません。木枠に紙を幾重にも重ねて張るのが襖で、木枠に採光を考慮して薄紙を貼るだけで仕上げたものが明障子です。


平安時代
襖の始まりは平安時代といわれています。平安時代の貴族の住宅は、部屋に仕切りを作らずに通気性を優先した、寝殿造でした。
そこで、空間を仕切ったり、目隠しをするために、屏風や簾が使われており、当時、これら部屋の間仕切りに使う建具を総称して「障子」と呼んでいました。その中から、木と紙や布を材料として作られた間仕切りとして、襖障子(今で言う襖)が発明されたのです。当初は絹などを貼り、寒さをしのぐために柱と柱の間にはめ込んで使われました。簾や屏風は持ち運びが容易なため手軽で便利ですが、柱間にはめ込むための木枠を有する襖の方が格式が高く、しっかりとしたものとして扱われました。


鎌倉・室町時代
鎌倉、室町時代には、襖は引き違いで使われることが一般的になり、開け閉めが容易になったことで、現在と同様の使い方が確立します。その影響は上級武家や寺院の僧侶の屋敷で顕著に現れました。襖の変化以外にも、それまでなかった天井が張られるようになり、部屋の周囲や全体が畳で敷き詰められ、書院造りの様式が完成しました。また、襖には大和絵などが描かれる様になりました。いわゆる襖絵の誕生です。こうした変化の背景には公家から武士階級に権力が移行する中で、住宅に求められる機能が、接客中心に変化していったことが上げられると思われます。


安土桃山時代・江戸時代初期
安土桃山時代には豪華な城・屋敷、寺院などが次々と造られました。この時代の襖の特徴は、権力を握った武家の主従関係を明確 にするという政治的な機能を持った事です。部屋の構成、室内装飾等全て、武家の格式や序列を演出する道具として使われ、襖も その一翼を担いました。襖と貼り付け壁を連続させて部屋を取り囲み、襖絵には虎、鳳凰、鷹、松など武家を象徴する動植物を用 い力強さを演出しました。こうした襖絵は時代を代表する絵師によって次々と描かれ、襖絵の黄金時代を迎えます。当時の作品の 多くが現在も残っています。一方では茶道が芽生え、利休の時代に完成した茶室では、襖がいわゆる侘び、寂びを演出しました。
太鼓張り襖が誕生したのもこのころです。


江戸後期・明治時代
江戸時代になると徐々に一般庶民の住まいにも襖が普及しはじめます。その後の明治時代は欧化政策のもと、建築様式が大きく変わった時代です。そして、それが一般庶民の住宅へも影響を与えました。そのきっかけは明治21 年に建設された皇居新宮殿です。
二重折り上げ格天井(ごうてんじょう)にシャンデリア、和風座敷と暖炉の組み合わせなど、和洋折衷の工夫が数多くなされました。また、その後建てられた赤坂離宮は、一つの敷地に和洋並立の形がとられ、明治の特権階級の人々の大邸宅の様式へと引き継がれていくことになります。そして、一般庶民の住宅にも在来の和風住宅の玄関脇に洋風応接間をつけるといったような影響がみられるようになり、その和室と洋間の間仕切りに襖が用いられました。建築の西洋化に伴う寸法の拡大の影響から、襖も在来の小判の紙から、現代でも用いるの三尺六尺判の紙になりました。芭蕉布や葛布等が誕生したのもこのころです。


大正・昭和・現在
大正から昭和にかけては庶民の生活文化が花開いた時代でした。技術革新、大量生産を背景とした近代化により、襖は、上流階級 の邸宅を飾る美術品としての性格から庶民住宅に普及していきました。それに従って、次第に実用的なものへと性格を変えていっ たのです。現在の襖には、大きく分けて和襖と量産襖があります。和襖の木枠は組子構造と呼ばれる作りになっており、表・裏を 交互に組み上げた離れにくい構造をしています。一方量産襖は、段ボール等の均質構造材を使います。このように、和襖は周囲の 枠(かまち)と木材で組んだ中子(内部の部材)からできていますが、量産襖はダンボール、発泡プラスチックで出来ています。
襖紙の材料には、今ではビニールのクロスが用いられることもあります。


襖今昔
溝の上を木枠の引き違い戸が通るという形状だけを見ると、誕生して間もない平安時代も今も全く変わらないと言えます。強いて違いを挙げるのであれば、現在の襖の方が格段に軽くなっていることぐらいです。平安時代には、大工道具などが現在に比べて未発達であったため、どうしても1枚あたりが重たく無骨なものになってしまっていたようです。

いままで時代とともに襖を見てきましたが、在来工法の襖は登場した平安時代から現代にいたるまで基本的な構造は変わりません。
われわれ日本人の生活様式が変わり、襖の形が変わっても襖が持っている知恵と製作にかかわる技術は受け継がれていきます。











畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



サイトマップ
>TOP  >充実のサービス  >メールフォームによるお問合せ 
>商品のご紹介
 >畳《裏返し》
 >畳《表替え》
 >畳《新調》
 >襖表替え
 >障子張替え
 >網戸張替え
 >リフォーム
>対応エリア
 >愛知県
 >岐阜県
 >三重県
 >静岡県
 >神奈川県
 >東京都
 >埼玉県
 >千葉県
 >茨城県
 >栃木県
 >群馬県
 >山梨県
>お客様の声
 >畳新調(お客様の声)
 >畳表替え(お客様の声)
 >畳裏返し(お客様の声)
 >襖表替え(お客様の声)
 >障子張替え(お客様の声)
 >網戸張替え(お客様の声)

>営業所紹介
 >名古屋営業所
 >三島営業所
 >厚木支店
 >千葉支店
 >埼玉支店
>会社案内
 >担当スタッフご紹介
 >よくある質問Q&A
 >会社概要
 >プライバシーポリシー

>企業様向け情報
 >アパートの大家様
 >工務店、企業の皆様
 >旅館・ホテルの皆様
 >棺敷畳(やすらぎ)
信頼と実績のお店 まごころ畳
 まごころ畳[本社]
 〒440-0026 愛知県豊橋市多米西町1 丁目18-11
 TEL:0532-69-2851(代)
 まごころ畳[本社工場]
 〒440-0026 愛知県豊橋市多米西町3 丁目1-15
 TEL:0532-69-2321(代)
 まごころ畳[名古屋営業所]
 〒452-0943 愛知県清須市新清洲2 丁目5-1-101
 TEL:052-401-2220(代)

 まごころ畳[三島営業所]
 〒411−0824 静岡県三島市長伏50-3
 TEL:055-984-3200(代)
 まごころ畳[厚木支店]
 〒243-0807 神奈川県厚木市金田90-1
 TEL:046-296-5100(代)
 まごころ畳[厚木第二工場]
 〒243-0801 神奈川県厚木市上依知1429
 TEL:046-245-6195(代)

 まごころ畳[千葉支店]
 〒260-0001 千葉県千葉市中央区都町2丁目12-5
 TEL:043-214-3400(代)
 まごころ畳[埼玉支店]
 〒339-0078 埼玉県さいたま市岩槻区掛570-1
 TEL:048-812-7692(代)
 まごころ畳[埼玉第二工場]
 〒339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野4丁目1-8

Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る