閉め切っても適度な光を取り込める襖
閉め切っているのに隣の部屋の明かりが取り込める。「源氏襖」と呼ばれるこの襖は、襖の一部に障子が組み込まれています。奥に長く部屋が続いている間取りの家では、奥の部屋には光が入りにくくなります。それでも各部屋は襖でしっか仕切りたい。そんな場面で活躍するのがこの源氏襖です。源氏襖は、障子を取り入れる位置によって様々な種類があり、代表的なものに中抜襖、御殿襖、長崎襖などがあります。障子よりも防音性に優れていてプライバシーを守れる事と、障子部分の大きさや位置によって取り込む光の量を調整出来るのが特徴です。


縁のない襖
縁を付けない襖で坊主襖という別名をもつ太鼓襖。縁は襖の紙の部分に手あかをつけないという役割もあるのですが、太鼓ふすまは上下に薄い木を付けることで対応しています。とはいえ、一般の縁のある襖に比べてどうしても強的に劣るため、茶室の出入り口など、使用頻度が高くなく、デザイン性が重視される限られた場所に用いられるのが普通です。


和と洋をつなぐ襖
基本洋間の住宅で、リビングの隣に一角だけ和室のスペースがあるというお宅がよくありますが、こうした和室と洋室との間仕切りに使われるのが戸襖です。名前は襖ですが、合板(ベニヤ板)で出来ており、本来の襖とは別物です。和室側にはベニヤ板の上に襖紙を張って見た目を襖のように仕上げ、洋室側にはクロスを貼ることで引戸のように仕上げます。和洋どちらにも合う化粧合板で両面を仕上げ、和室側にだけ襖に付けるような縁をつけることもあります。和室と洋間のそれぞれの空間を、和室の雰囲気を壊さず、洋間に違和感を持たせずにつなぐ、便利な襖です。


特殊な動きをする軸廻し襖
特殊な襖の代表が、この軸廻し襖です。使われる場所は、仏間の仏壇置き場(床の間の横の仏壇を仕舞えるスペース)の扉という、 限られた場所です。この襖は、観音開きの扉のように手前に両襖を開いた後、仏壇の脇に設けられた専用の戸袋に差し込むようにして収納できるようになっています。基本的に仏壇には扉が付いているため、仏壇の扉と軸廻しふすまが干渉しないようにするためにこのような仕様になっているのです。























畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る