襖紙に用いられる和紙は、伝統的な手漉きによるものと、機械漉きのものがあります。鳥の子については手漉きのものを「本鳥の子」機械漉きのものを「鳥の子」と呼び、区別しています。


本鳥の子
雁皮・三椏・楮などの靭皮繊維を原料にした手漉きの紙で、その色合いは淡黄色で、鶏卵の殻の色に似ているところから鳥の子と 呼ばれました。その無地の風合いは独特で、柔らかい光沢を帯びています。本鳥の子は紙料によって、特号紙(がんぴ紙)、一号紙(がんぴ+みつまた)、二号紙(みつまた)、三号紙(みつまた+パルプ)、四号紙(マニラ麻+パルプ)の種類があります。
上質な鳥の子ほど丈夫で、下地骨・下貼りなどにはその場に合った紙選びに充分な配慮が必要です。


鳥の子
鳥の子は抄造機という紙漉き機を用いて漉きます。紙料はさまざまで、雁皮・三椏・パルプを使ったものがあります。
紙の肌合いが手漉きに近いものができ、その均質さから用途によっては手漉きに劣らないものが製品となります。


上新鳥の子
鳥の子の普及品です。全て機械漉きですので、均一で比較的低価格という特徴があります。
鳥の子の肌合いを生かした無地のものから、機械漉き模様のもの、後加工で模様付けしたものなど、種類が豊富なのも魅力です。
こうした特徴から、一般住宅や集合住宅などによく用いられ、「上新」とも呼ばれています。


新鳥の子
襖紙の中で最も廉価な製品です。製紙から柄付けまで全て機械生産されています。紙は特殊な抄紙機で漉いた再生紙で、輪転印刷 機での柄付けの後にエンボス加工をして風合いを出します。
量産性と施工性の良さから、一般住宅や集合住宅などによく用いられています。下地の透き止めのため紙裏が茶色のものが多く「茶 裏」ともよばれます。




















>和紙の原料




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る