伝統的な手すきで作られた『鳥の子紙』。
襖に使われている紙は、大きく2種に分類されます。
一つは、一般的な襖紙である鳥の子紙と呼ばれているものです。そして、もう一つが織物紙です。鳥の子紙は、元々雁皮紙のことを指していましたが、鶏卵の殻の色に似ていることから、鳥の子紙と呼ばれるようになりました。伝統的な手すき技法を今に伝える鳥の子紙は、今でも重宝されています。


紙より強い『織物紙』。
もう一つは、織物紙と呼ばれています。織物紙は、織物に裏紙を貼り付けて作られています。繊維がしっかりとしていて破れにく いという特徴があります。編み込みの違いによって浮きあがる絵柄に異なった風合いが生まれ、その美しさには目を見張るものが あります。手の込んだものはどうしても高価ですが、天然繊維で編み込まれているものは特に、一点一点違った表情を持っていて 魅力的です。低価格なものはレーヨン糸を一緒に編み込み、模様は後から機械で印刷するという製品もある様です。























畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る